いい美容外科医の見分け方とは

美容外科とは、美しさを追求して、身体を修正治療することをいいます。

最近は形成外科の一分野として認識されつつありますが、形成外科がやけどや乳がんによる乳房の再建など、身体の表面に生じた異常の再建や修復を目的としているのに対して、美容外科は正常な身体へ施術します。

そのため、美容外科の施術は健康保険が適応されず、全額自己負担の自由診療となる場合が多いです。

美容外科医になるには、医師免許を所持していれば誰でもなることができます。そのため、技術のない医師が施術して、病院と患者の間でトラブルが生じるケースもあります。
いい病院を見分けるには、まず誇大広告に惑わされないようにしましょう。インフォームドコンセントやカウンセリングなどをして、治療の説明をしっかりしてくれる病院を選ぶ事が大事です。病院の入院設備や、術前検査がしっかりしているかどうかの確認もしましょう。

独自性の高い美容整形の詳細情報となります。

緊急時事態に迅速な対応ができる設備が整っていることが大事です。

お客様に相応しいT-SITEに有効な知識の紹介です。

施術の種類が少ない病院は、患者の悩みや目的に応えられない場合があるので、色々な選択肢が選べる病院にしましょう。



担当医師が日本美容外科学会の専門医や、日本形成外科学会の専門医であるかどうかの確認も行いましょう。

日本形成外科学会専門医は、少なくとも5年間は指定の医療研修施設で形成外科に関わる研修を行い、厳しい認定試験を受けて合格した人に与えられる資格です。


この資格を取得している医師は、レベルの高い形成技術を持っていると言えます。